主婦カードローン | 配偶者貸し付けとは

仕事を持っていない方で、金融会社から貸し付けをする場合、「主婦でも借り入れすることができます」などと書いてある場合は大抵、「配偶者貸付の利用が可能」ということが背景にあるものです。そこでここでは、配偶者貸付についてご紹介したいと思います。

 

主夫や専業主婦がお金を借りたいときは

主夫や専業主婦の方がお金を借りたいときは、「配偶者貸付」を行っている金融会社から探す必要があります。「主婦の方でもパートで安定した収入があれば… 」というものではなく、「主婦の方でも配偶者の方に安定した収入があり、かつ総量規制で年収の3分の1以上の借入を行っていない方であれば」貸し付けをしてくれる、という会社ですね。

 

 

どうやって借入することができるの?

専業主婦または主夫の方は、総量規制の例外として、配偶者と合わせて、二人合わせた借入れ金額が配偶者の方の年収の3分の1までであれば、借入れができます。借入をしたいとなったら、まずは配偶者の同意書が必要となり、合わせて配偶者との婚姻関係を示す書類として、住民票又は戸籍抄本が必要となりますので、市町村役場で取得する必要があります。事実上の婚姻関係の場合は、住民票で、続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、きちんと未届の配偶者であるということが記載されていてわかるものとなっています。それから、一定金額以上の場合は、配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があるります。

 

 

保証人不要なのに配偶者の同意と住民票が必要なのはどうして?

専業主婦/または主夫の方が借入れをする際は、収入がないため、配偶者の方の年収を参考に審査をすることとなります。そのために、同意書と夫婦関係が証明できる公的な書類が必要となるのです。とはいえ、こちらの同意書は、配偶者と貸し付け契約を締結するという同意、信用情報機関へ信用情報を提供することの同意という意味で、連帯保証人になる同意書ではないということになります。

 

 

配偶者にばれずに貸し付けをしてもらうのは不可能?

配偶者の方の同意書は基本的にどこでも必要になり、また確認の電話が行くのはわからないにしても、年収証明の提出が必要になったりするので、配偶者にばれずに貸し付けをしてもらうのは難しいかと思われます。